セクション

マーケティンググループ×クリエイティブグループ×システム開発グループ

マーケティンググループの役割は、お客さまのビジネス上の課題をWebの専門家の視点から分析し、最適なソリューションをご提案することです。Webテクノロジーに精通していることはもちろん、最新かつ高度のマーケティング知識が要求されるため日々研究・トレーニングを行うことも重要な仕事のひとつです。

効果的でムダのないWeb投資をサポートし「真のパートナーシップを構築すること」を第一義と考えるため、時にはお客さまが望まれても、専門家の立場から必要でないと判断されることにはNOを申し上げることもあります。Web戦略は短期で結果が出るものではありません。同じ道程を、同じベクトルを共有しつつビジネスゴールを目指すことが、お客さまにとって最高の結果をもたらすと、ジーピーオンラインでは考えています。

さまざまな技術を駆使することにより、Webを「カタチ」にしていくことが主な役割です。たとえばブランディングを主目的とする「コーポレートサイト(企業公式Webサイト)制作」の場合、企業の第一印象を決定づけるデザインワークをはじめ、そのサイトを訪れるユーザーにストレスフリーなサイトの構成や使い勝手(ユーザービリティエンジニアリング)も考慮して制作。さらには完成後の効率的な運用も射程にいれた設計も行います。

ひとくちにサイト制作と言っても、ブログやSNS、ECサイトや会員制サイト、ポータルサイト、プロモーションサイトと、その目的や形態はさまざまです。それらのサイトに目的に応じて、持てるノウハウと技術をそそぎこみ、血の通った「機能するWebサイト」にすることがクリエイティブグループの使命です。

システム開発グループは、マーケティンググループで咀嚼されたお客さまのニーズを、テクノロジーに落とし込み、高いレベルで実現することをその使命とします。クリエイティブグループがインターフェイス(外部)の技術を担うとすると、システム開発グループはバックグランド(内部)の技術を担う、というと分かりやすいかもしれません。

プログラムやデータベース、ネットワークと、Webシステム開発には多様な技術を統一的に扱うことが要求されます。そのため、真にユーザーフレンドリーな洗練されたシステムを開発することは難しく、企業が外部にシステムを発注すると、無駄な投資を強いられることもしばしばです。ジーピーオンラインでは早くから設計・仕様の標準化とフレームワーク構築、システムとインターフェイス間の一体開発の体系化を図り、クオリティとコストのバランスを最適化することに成功しています。

Web制作に重要な3つのiをワンストップで提供

idea 企画・戦略
Webの専門家の立場からお客さまに最適な企画・戦略を提供します。
intelligence 知識・情報
Webに関する基礎知識はもちろん最新技術や
トレンド情報も提供します。
implement 道具・手段
戦略を実現するための手段であるデザインや
システムを提供します。

3つのiを支える組織体制

ページの先頭へ戻る