VOICE

Webサイト制作後のお客さまの声一覧へ戻る

博報堂DYメディアパートナーズ テクノロジー・ミライ・ワークスさま  iPhoneアプリ開発

「“ユメミ~ル”というスマートフォンアプリで、新しいメディアを提案することができました」

お客さまご紹介

テクノロジー・ミライ・ワークスさまは、博報堂DYメディアパートナーズの中で、デジタル領域の専門的知識やビジネス実績、最先端技術を持つ人材を、既存組織にとらわれることなく、横断的に編成したプロジェクトです。

URL
http://www.technology-miraiworks.com/
このプロジェクトの経緯を教えて下さい

ユメミ~ルは我々とジーピーさんとの共同開発で生まれたスマホアプリです。実はそれ以前にもジーピーさんと弊社の別のチームが「フリック・フリークス」というコンシューマー向けのシンプルかつゲーム性の高い暗算ゲームを開発し、AppStoreの「無料アプリ総合ランキング1位」を獲得したことを知って以来、是非我々のチームとも何か面白いアプリが作れないかと考え、思い切って声をかけてみました(笑)

“ユメミ~ル”という企画は?

ジーピーさんとの共同開発第2弾!となる訳ですから、第1弾に、負けない企画が必要でした。まずは、皆で企画を出し合おうということで、何十点にも及ぶ案を出したのですが、全員が納得できる企画がなかなか出て来ませんでした。そんな中、弊社丸山が以前からあたためていた企画がある!ということで、出たきたのが「ユメミ~ル」でした。発想は些細なことなんですが、朝方にテレビをつけながらウトウトしながら眠っていると、テレビから聞こえてくる音に影響されて、それに関連するユメを見ることがあるというものでした。全く医学的な根拠はないんですが、意外と多くの人が経験していることだと思うんです。スマホアプリで自由に好きなユメが見られたら、多くの人が試したいだろうなぁと思った訳です。仕組みはシンプルですね。iPhoneの加速度センサーを用いて睡眠状態を検知し、眠りの浅いレム睡眠時に、選んだユメにちなんだ音声を再生することで見たいユメを見られるかもしれないようにしてあります。起床した時にユメの感想をソーシャルメディア上に投稿して、他者と共有することが出来るので、ユメを選ぶ際の参考にもなります。ソーシャルメディアとの連動で、睡眠時間を活用した新しいコミュニケーションを生み出せたと考えています。

開発時のエピソードを教えてください。

そうですね。ユメミ~ルの内容を考えると、アプリのリリースを元旦の初夢までにしたいと考えていました。Appleの申請やプレスリリースのタイミングがあったので、企画が固まってからの制作期間が少なく、ジーピーさんにはかなりガンバってもらいました。またデザインも同時にお願いしていたのですが、私たちが思っていた以上のクオリティに仕上がり、大変満足しています。

今後の展開について

今後は、ユメミ~ルが1つのメディアとしてセールスプロモーションの分野で力が発揮できるようになればと考えています。例えば、ある製品のプロモーションをユメミ~ルで行う場合、製品に関連するユメをユーザーに体験してもらい、寝ている間に製品へ理解が深まる・・・なんてことが出来ればいいですよね。最近では、テレビ番組などでも取り上げていただき、ダウンロード数も順調に伸びています。また、海外ユーザーの利用者も多く、世界中で使ってもらえるアプリになればと考えています。私たちとしては睡眠時間を、新たな広告メディアとして展開出来ることが最終的な目標だと思っていますが、それ以上に「ユメミ~ル」を使って、1日のはじまりがハッピーになったという声が1人でも多くの人から聞けることが、本当のゴールかもしれませんね。

ユメミ~ル

取材ノートから

インタビュー所感
今回、アプリ開発に関わったのですが、これまで経験したウェブ制作とは違った考えが必要になると思いました。アプリ構築に必要な技術面については、弊社の制作スタッフが卒なく対応していたのですが、企画面となると専門に展開されているテクノロジー・ミライ・ワークスさまのアイデアに驚かされる日々でした。日常的に広告手法を提案・開発をされていることで、広告主とコンシューマーをつなげる手法が豊富に揃っていると改めて感じました。この経験を生かし、今後のアプリ開発につなげて活きたいと思います。

Webサイト制作後のお客さまの声一覧へ戻るページの先頭へ戻る