K.OWebディレクター 

PROFILEプロフィール

FA業界の営業経験を経て、広告業界に憧れてセールスプロモーションを強みとする制作会社にてディレクターの経験を積む。
主に大手電機メーカーのサイト運用に携わっていたが、自身のさらなるキャリアアップを目指し、より幅広いスキルが身に付けられるジーピーオンラインに入社。
現在では、人と人との関係構築を大切にするという信念のもと、お客さまと社内制作チームの架け橋として、スムーズな進行が実現できるようディレクション業務に日々邁進している。
プライベートでは、ランニングやキャンプといったアクティビティを積極的に楽しむなど、仕事と同様に行動派としての一面も覗かせる。

#お酒好き#筋トレ#ランニング#トレーニング#キャンプ #スパイスカレー#コーヒー

INTERVIEWインタビュー

人と人との関係を大切に。
仕事には信頼関係がなければ生み出せない価値がある。

現在の仕事内容を教えてください

いろいろな案件に携わっていますが、現在は保険会社の採用サイトリニューアルを進めています。一口に採用と言っても、業界や業種によって求職者へのアプローチ方法はさまざまですので、日々業界の勉強をしながら成果が上げられるコンテンツ企画や設計をおこなっています。

この会社に入社を決めた理由は?

前職でもディレクターとしての経験を積んでいましたが、より専門的かつ高度な知識や技術を身に付けたいと思い、ジーピーオンラインを志望しました。研修制度が整っていたり制作会社としては規模が大きいという安心感もあり入社を決意しました。

入社後の印象はどうでしたか?

とにかくスタッフ全員が優しくてびっくりしました。困ったときに何を聞いても返してくれるため、新人が安心して働ける環境だと感じました。なぜみんな優しいのか不思議ですね(笑)。この優しさは私にとって、とてもプラスになっています。

仕事のやりがいや苦労する点は?

やりがいはなんと言っても「ありがとう」。
クライアントから感謝の言葉をいただけたときがやりがいを感じられる瞬間です。デザイン提案において、そのデザインがお客さまのイメージにぴったりはまる提案ができたときは、その喜びもひとしおですね。
逆に苦労する点はたくさんありますが(笑)、お客さまのデジタルリテラシーに合わせて、わかりやすいコミュニケーションを心がけています。丁寧な資料作りや電話とメールをうまく使い分ける工夫も大切ですね。

将来チャレンジしたいことは?

これまで若い人材が育ちにくい、そんな会社をいくつか見てきた経験があり、しっかりと自分が手本となって後輩を教育していけるような存在になりたいです。
また会社の教育の仕組みづくりにも参画して会社のボトムアップにも貢献したいと考えています。

「人とデジタルで“ありがとう”をつくる」ために、
あなたが今後目標とすることはなんですか?

お客さまからの“ありがとう”だけではなく、社内外問わずできるだけ多くの人たちに貢献できるようなディレクターを目指していきたいです。そのためには信頼されることをひとつの指標にしており、相手が求めるものを的確にキャッチアップして打ち返していくことで信頼関係が深まっていくと考えています。

ジーピーオンラインの
ミッションについて

1 DAY SCHEDULEある1日のスケジュール

 
  • 10:00

    出社・朝礼

    1日はチームの朝礼から始まります。
    メンバーのタスクやプロジェクトの進捗状況などを共有します。
    メンバーで困っている人がいればヘルプに入ったり、逆に助けてもらう事もあります。

  • 11:00

    お客さま対応

    お客さまからのメールなどに対応します。
    主にプロジェクト進行に関わる確認事項の連絡が多いです。

  • 12:00

    ランチ

    オフィスの近くにあるお気に入りのお店で昼食。やっぱりスパイスカレーが多いです。

  • 13:00

    制作物のチェック

    Webサイトの設計やデザイナーから上がってきた制作物のチェックなどをおこないます。

  • 15:00

    社内MTG

    プロジェクト進行に関する会議をデザイナーやプログラマーを交えて実施。
    お客さまからの要望を伝えたり、技術的な理解・認識のすり合わせなどをおこないます。

  • 17:00

    資料作成

    プロジェクトに関する資料作成を進めます。

  • 20:00

    退社

    退社

MESSAGE応募者へのメッセージ

ディレクターはデザイナーやエンジニアと違って自らの手で何かを作り出すことはできませんし、お客さまと制作チームの間で板挟みになることもあります。それでもディレクターという旗振り役がプロジェクトを成功へと導く重要なポジションだと思っていますので、これからこの業界で経験を積みたい方やプロジェクトマネジメントを学んでみたい方には最適なお仕事ではないでしょうか。
ぜひいろいろな人に挑戦してほしいと思います!

一覧へ戻る