Markup
Engineer

Y.Tマークアップエンジニア 6年目

Interview

入社のきっかけは
なんですか?

元々趣味でWebサイトを作るなどプログラムの作業は好きだったんですが、以前は全然違う業界で働いていて、実務経験はありませんでした。転職する際、せっかくなら好きな事を仕事にしたいと思い活動を続ける中で当社と出会いました。

面接で色々話をしてみて僕と考え方が近いというか、共感できるポイントも多かったですし、人との繋がりをすごく大切にしていて、この会社・スタッフたちとなら気持ち良く仕事が出来るのではないかと思いました。また、実務経験の無かった僕としては、経験よりも人柄を重視してくれたのはありがたかったです。

仕事のやりがい、苦労したことはなんですか?

やっぱり自分の担当したサイトを評価していただいた時は素直に嬉しいですね。また街中で自分の手掛けたクライアントの広告を目にすると、自分のやってきた事を実感できますし、頑張った甲斐があったなと思えます。

最初は大阪オフィスに所属していましたが、チャレンジのつもりで、当時まだ規模の小さかった東京オフィスへの転勤を希望しました。現在は東京のクリエイティブチームのリーダーとしてマネジメントも勉強中です。スタッフを束ねる立場としての難しさもありますが、日々成長を実感していますし、それを任せてもらえた会社の懐の深さにも感謝しています。スタッフのやる気や希望を尊重してくれるので、向上心があればどんなことにも挑戦できるのも、当社ならではの良さだと思います。

応募を検討されている方にひとこと!

誰もが知ってるサイトを作るのは、ちょっと自慢です。

1 Day Schedule

ある1日のスケジュール

9:30

出社・タスク管理

出勤してまず最初に、プロジェクト管理ツールWrikeでクリエイティブグループ全体の今日の業務を確認し、業務の進行に無理があるようであれば、各担当者に連絡し、社内で調整を行います。

11:00

往訪に同行

技術的な質問も発生するであろうクライアントの打ち合わせに担当ディレクターと一緒に往訪することもあります。事前に案件のことを把握し、どんなことを質問されるかある程度想定した上で、打ち合わせに向かいます。

14:00

コーディング

ディレクターから案件の詳細をヒアリングして、デザインデータを基にコーディング作業を開始します。
たくさんの手法がある中でどれを使うのか、サイトにどんな動きをつけるかなど、最初に共有しておくことで修正の回数を減らす努力をしています。

17:00

外で息抜き

長時間PCに向き合っていると集中力も低下し仕事の効率も悪くなるので、一息入れるため、オフィスの仲間と会社近くの公園へ。今気になっていることや趣味の話など、仕事以外の話で盛り上がりました。残りの時間も頑張ろう!

19:00

帰宅・部活の準備

翌日は嬉しい休日。Webサイトでレンタカーを予約し、早朝から部活(釣り部の部長です)のため、今日は早く帰宅して明日に備えます。お疲れさまでした!

Markup Engineerに
向いてるのは
こんなひと!

  • ・Webサイトを開くとついついソースコードを見てしまうひと
  • ・負けず嫌いなひと
  • ・新しい技術にわくわくするひと
  • ・黙々とパズルやクイズを解くことが好きなひと