Web制作ノウハウ

XMLサイトマップ作成ガイド【3種類の作成方法を徹底解説】

WRITERケン広報

  • TOP
  • ブログ
  • XMLサイトマップ作成ガイド【3種類の作成方法を徹底解説】

SAHRE

こんにちは、ジーピーオンラインのケンです!

Webサイトを運営する場合、検索エンジンに対してWebページの内容を伝えなくてはいけません。そこで必要になってくるのがXMLサイトマップの作成です。

しかし、自社でXMLサイトマップを作成する上で、
「XMLサイトマップとは何か」
「XMLサイトマップの作成方法が知りたい」
「XMLサイトマップが必要なケースが知りたい」
上記のような課題が生じるかと思います。

本記事では企業のWeb担当者さまへ向けて、XMLサイトマップ作成方法を紹介しています。

ジーピーオンラインにXMLサイトマップ作成の相談をする

XMLサイトマップとは?

XMLサイトマップとは、検索エンジンに対してクロールしてほしい情報をまとめたXML形式のファイルです。XML形式のファイルには「各ページのURL」「更新頻度」「最終更新日」などの情報が含まれており、優先度も加えることができます。

存在するページをより確実にインデックスでき、SEOの観点からも効果が期待できるとされています。

XMLサイトマップの必要性

Webサイトのリンク設計がしっかり実施されていれば、XMLサイトマップを作成しなくても、検索エンジンにWebページの内容を伝えることは可能です。

ただ、この後紹介するような「500ページ以上あるWebサイト」「多くの画像や動画があるWebサイト」の場合は、クロールまでに時間がかかるため、XMLサイトマップが必要になってきます。

例えば、週に2〜3記事を更新しているWordPressではクロールが完了するまでに1,375分かかっていたが、XMLサイトマップを作成したところ14分に短縮した事例もあります。
<参照サイト:Do Sitemaps Affect Crawlers? - Moz

XMLサイトマップが必要な4つのケース

XMLサイトマップが必要なケースは主に下記の4つに分かれます。

  • 500ページ以上ある
  • Webサイト内リンクができていない
  • 外部からの被リンクが少ない
  • 多くの画像や動画がある

【ケース①】500ページ以上ある

500ページ以上あるWebサイトの場合、XMLサイトマップが必要です。ボリュームのあるWebサイトはクローリングに時間がかかりますが、XMLサイトマップを送信することにより短縮できます。

【ケース②】Webサイト内リンクができていない

クローラーはWebサイト上でリンクをたどって各ページを読みにいきます。したがって、サイト内リンクがないケースは、XMLサイトマップを作成しないとクロールされないリスクがあります。

【ケース③】外部からの被リンクが少ない

【ケース②】と同様で、外部からのリンク(被リンク)が少ないとクロールされない可能性があります。XMLサイトマップを作成した方が確実にクロールしてもらえるようになります。

【ケース④】多くの画像や動画がある

多くの画像や動画がある場合、「画像」「動画」はテキストに比べて、検索エンジンに情報が伝わりづらいため、XMLサイトマップを作成する必要があります。

XMLサイトマップの作成方法は3種類

XMLサイトマップの作成には、下記3つの方法があります。

作成方法 概要
手動 メモ帳を活用してxmlの拡張子でXMLサイトマップを作成
XMLサイトマップ作成ツール 必要事項を記入するだけで、自動でXMLサイトマップが作成できる
プラグイン(WordPress) 自動でXMLサイトマップを作成する。サーバーアップロードも不要

手動

手動で作成する場合は、メモ帳などテキストエディタを使います。
各XMLタグの定義は以下の通りです。

タグ 詳細
<urlset>(必須) ファイルの他の全体のタグを囲む要素 <urlset xmlns="https://www.gpol.co.jp/">他の全体のタグ</urlset>
<url>(必須) 各URLエントリの親タグ <url>各URLエントリ</url>
<loc>(必須) ファイルの最終更新日(W3C Datetime形式で記述) (例)2022年1月1日 12:00:00の場合
→<lastmod>2022-01-01T12:00:00+09:00</lastmod>
<changefreq>(任意) ページの更新頻度
・always(アクセスの度に更新)
・hourly(1時間)
・daily(毎日)
・weekly(毎週)
・monthly(毎月)
・yearly(毎年)
・never(更新しない)
<changefreq>daily</changefreq>
<priority>(任意) Webサイト内の他のURLと比較した優先度、0.0 〜1.0 まで指定可能。デフォルトの優先度は0.5 <priority>0.5</priority>

定義を参考に手動でタグを記述していきます。
すべて記述したサンプルが以下です。

  1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  2. <urlset xmlns="https://www.gpol.co.jp/;>
  3. <url>
  4. <loc>https://www.gpol.co.jp/</loc>
  5. <lastmod>2022-01-01T12:00:00+09:00</lastmod>
  6. <changefreq>daily</changefreq>
  7. <priority>0.5</priority>
  8. </url>
  9. </urlset>

最後に、xmlの拡張子でファイルを保存すれば完了です。

XMLサイトマップ作成ツール

手動だとタグ記述ミスのリスクがありますが、ツールであれば必要事項を記入するだけで自動でXMLサイトマップを作成できます。

 sitemap.xml Editor

sitemap.xml Editor」にアクセスして上部の「URL」を入力します。

sitemap.xml Editorでサイトマップ作成 
オプション項目 詳細
最終更新日 ファイルの最終更新日の自動取得の有無
サイトの更新頻度 更新頻度をプルダウンから選択
優先度 Webサイト内の他のURLと比較した優先度を設定するかの有無
除外ディレクトリ sitemap.xml内に含めたくないディレクトリがあれば指定
同一タイトルURLの除外 Webサイト内にある同じタイトルを除外

上記表を参考にオプションを設定して「サイトマップ作成」を選択しましょう。

 

sitemap.xml Editorからサイトマップをダウンロード

最後に「sitemap.xml」をダウンロードすれば完了です。

プラグイン(WordPressの場合)

WordPressにてWebサイトを運営している場合は、プラグインを使用してXMLサイトマップを作成できます。

 

WordPressでプラグインを追加

WordPressから「XML Sitemaps」をインストールして、有効化します。プラグイン検索窓には「XML Sitemaps Auctollo」と入力しましょう。

 WordPressの設定画面

「設定」から「XML Sitemaps」を選択し、「基本的な設定」へ移動して「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外します。

 

プラグインの設定

「投稿の優先順位」に移動して「自動優先度計算を使用しないでください」にチェックを入れます。

 WordPressのSitemapコンテンツ画面

「Sitemapコンテンツ」に移動して下記4つの項目にチェックを入れましょう。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • 固定ページを含める
  • 最終更新時刻を含める(詳細なオプション)
 

WordPressのSitemapコンテンツ画面

続いて「Change Frequencies」にてクロールの更新頻度を選択します。更新頻度の多いコンテンツは「毎日」に設定するようにしましょう。

 WordPressの優先順位の設定画面

最後に、「優先順位の設定」で項目ごとに優先度を選択して「設定を更新」をクリックします。

XMLサイトマップのアップロード方法

XMLサイトマップが作成できたら、sitemap.xmlファイルをWebサイトのトップディレクトリにアップロードします。
手順としては下記方法が一般的です。

  1. sitemap.xmlをローカル(パソコン)のルートディレクトリ(index.htmlがある場所)にコピー
  2. ファイル転送ソフトを使ってsitemap.xmlをサーバーのsitemap.xmlファイルにアップロード

なお、XMLサイトマップのアップロードが必要なのは「手動」「XMLサイトマップ作成ツール」いずれかの方法のみです。WordPressのプラグイン「XML Sitemaps」を使用した場合は、この工程は不要です。

XMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録する方法

XMLサイトマップをサーバーへアップロードしたら、Googleサーチコンソールに登録する必要があります。まずはGoogleサーチコンソールへアクセスします。

Googleサーチコンソールのサイトマップメニュー
「インデックス」から「サイトマップ」を開き、「新しいサイトマップの追加」にサイトマップURLを入力して「送信」をクリックします。

「送信されたサイトマップ」にてステータスが「成功しました」になっていれば設定完了です。

GSCのサイトマップ送信成功画面
【関連記事】Googleサーチコンソールにサイトマップを登録する方法・エラー表示の対処方法

XMLサイトマップの確認方法

XMLサイトマップが設置されたかどうかの確認方法は、WebサイトURLの後に「/sitemap.xml」を追加したものをブラウザで検索をかけるだけです。

上記のような文字列のWebページが表示されれば、問題ありません。XMLサイトマップが設置されていない場合は、404エラーページなどが表示されます。

sitemap.xmlデータ

XMLサイトマップを活用してWebサイトを成長させる方法

XMLサイトマップを活用してWebサイトを成長させるには、Googleサーチコンソールのカバレッジを定期的に確認する必要があります。

Googleサーチコンソール
Googleサーチコンソールの「インデックス」から「カバレッジ」を開くと、サイトマップの統計情報が表示されています。このページではクロールエラーと検索範囲から除外されたページを確認・分析できます。

GSCカバレッジのエラー詳細
グラフの下にある「詳細」クリックすると、Googleによって除外されたURLまたはインデックスに登録されていない実際のURLと原因も確認できます。

除外されるWebページの数が異常に多い場合は「プラグインの設定の見直し」や「XMLタグの記述ミス」をもう一度チェックして、エラー数を減らすようにしてみてください。

XMLサイトマップ作成するときの注意点

最後に、XMLサイトマップを作成するときの注意点を紹介します。

  • URLの入力ミスに注意する
  • 容量とURL個数の制限に注意する
  • noindexページの有無を確認する

URLの入力ミスに注意する

XMLサイトマップを作成するときには、URLの入力ミスに注意しましょう。特に、手動で各URLを入力するときは打ち間違いが起こりやすいので、丁寧にチェックしながら作成しましょう。

また、ドメインだけではなく「http」「https」などのミスもないように確認しておきましょう。

容量とURL個数の制限に注意する

XMLサイトマップ作成には、容量とURL個数の制限があります。XMLサイトマップが最適な状態で機能するには、以下のような標準を満たす必要があります。要件を守って作成するようにしてください。

  • 各サイトマップには最大 50,000件のURLまで含めることができる
  • ファイルサイズの上限は圧縮されていない状態で50MB
  • 圧縮する場合は「.gz形式」にする
  • BUTF-8エンコードで作成する
  • サイトマップには正規URLのみを記載

<参照サイト:Google検索セントラル

noindexページの有無を確認する

XMLサイトマップを作成して送信するときは、noindexページの有無を確認しておきましょう。noindexでは、インデックスさせないようにする設定のことです。

noindexページをサイトマップに含めてしまうと、クロールエラーの原因にもなります。事前にnoindexページの有無を確認した上でXMLサイトマップを作成するようにしましょう。

XMLサイトマップでクロール時間短縮

XMLサイトマップ作成ガイドを紹介しました。

XMLサイトマップとは、検索エンジンに対してクロールしてほしい情報をまとめたXML形式のファイルです。「500ページ以上あるWebサイト」「多くの画像や動画があるWebサイト」の場合は、XMLサイトマップを作成すると、クロール時間を大幅に短縮することができます。

XMLサイトマップ作成には「手動」「XMLサイトマップ作成ツール」「プラグイン(WordPressの場合)」の3つの方法があります。作成後は、Googleサーチコンソールに登録をして送信する必要があります。

ぜひXMLサイトマップを作成してみてください。

ジーピーオンラインにXMLサイトマップ作成の相談をする

関連記事
制作実績

制作実績一覧へ

私たちジーピーオンラインは、
東京・大阪のWeb制作会社です。