Web制作ノウハウ

Twitterキャンペーンの事例・やり方について徹底解説

WRITERおおしろ広報

  • TOP
  • ブログ
  • Twitterキャンペーンの事例・やり方について徹底解説

SAHRE

こんにちは、ジーピーオンラインのおおしろです!

Twitterは言うまでもなく世界的にメジャーなSNSであり、今や知らない人はいないくらい多くの人に浸透しているメディアです。これを宣伝に使わない手はありません。特にキャンペーンをTwitter上でおこなえば大きな集客効果を得られる可能性があります。

今回はTwitterを活用したキャンペーンの方法や事例をご紹介します。これからSNSで集客したいと考えられている方必見です。

ジーピーオンラインに制作の相談をする

もくじ

  1. Twitterキャンペーンとは
    • フォローリツイートキャンペーンの仕組み
    • ハッシュタグキャンペーンの仕組み
    • 写真投稿キャンペーンの仕組み
    • インスタントウィンの仕組み
  2. Twitterキャンペーンの重要性
    • フォロワー(見込み客)獲得
    • サービス認知度の向上
    • 自社ブランディング
  3. Twitterキャンペーン事例
    • 明治
    • アサヒビール
    • モスフードサービス
    • アットホーム
  4. Twitterキャンペーンのやり方
    • キャンペーン実施の目的・目標を決める
    • プレゼント商品の選定
    • キャンペーンの種類・目標値の決定
    • キャンペーンの投稿
    • 当選者に通知
  5. Twitterキャンペーン時の注意点
    • 複数アカウントを作成させない
    • 繰り返し同じツイートをさせない
    • @ユーザー名の明記を徹底する
    • ハッシュタグと投稿内容を一致させる
    • Twitterルールに準拠する
  6. まとめ

Twitterキャンペーンとは

Twitterキャンペーンとはその名の通りTwitter上でおこなう宣伝活動のことです。フォローやリツイートといった機能を使い、プレゼントなどの特典を用意してフォロワーを集めます。
Twitterキャンペーンには以下のようなものが挙げられます。

  • フォローリツイートキャンペーン
  • ハッシュタグキャンペーン
  • 写真投稿キャンペーン
  • インスタントウィン

「フォローリツイートキャンペーン」は自社のアカウントをフォロー・リツイートしてくれた人に対して特典を付与するキャンペーンです。「ハッシュタグキャンペーン」は指定するハッシュタグをユーザーに投稿してもらうキャンペーンのことを指します。「写真投稿キャンペーン」では商品やお店の写真をユーザーに投稿してもらいます。「インスタントウィン」はTwitterでフォローやリツイートすることで、その場でゲームやクイズ、懸賞企画などに参加できるキャンペーンです。
それぞれの仕組みや効果について、詳しく解説していきます。

フォローリツイートキャンペーンの仕組み

フォローリツイートキャンペーンはTwitterアカウントのフォロワーとリツイートの増加を目的としたキャンペーンです。Twitterアカウントはフォローされると、その相手(フォロワー)のタイムラインに自分のツイート(投稿)が表示されるようになります。自分のツイートがリツイートされると、リツイートしたフォロワーにも拡散されます。
つまり、フォロワーとリツイートを増やせば、それだけ多くのユーザーに情報が届き、購買につながりやすくなるのです。

フォローリツイートキャンペーンは自社のアカウントをフォローしてくれた人、投稿にリツイートしてくれた人に見返りとしてプレゼント企画などの特典を用意します。当選結果は後日Twitterのダイレクトメッセージや自動リプライを通じて通知します。
Twitterキャンペーンの中ではメジャーで、多くの企業がフォローリツイートキャンペーンを実施しています。

ハッシュタグキャンペーンの仕組み

ハッシュタグとはツイートにつけられるタグです。特定の言葉に「#」をつけることでハッシュタグを投稿することができます。例えば猫に関するツイートであれば「#猫」というハッシュタグをつけることで、そのツイートが猫に関連したものであることがわかり、猫に関する情報を検索している人に見つかりやすくなります。

ハッシュタグキャンペーンは指定したハッシュタグをつけて投稿してくれたユーザーに対して特典を付与するキャンペーンです。商品名や会社名などのハッシュタグがついたツイートが増えれば、それだけ商品や会社の情報がTwitter上に増え、認知拡大効果が期待できます。

写真投稿キャンペーンの仕組み

Twitterでは文章だけでなく写真も投稿できます。写真投稿キャンペーンではユーザーに商品やお店などの写真を投稿してもらいます。他のキャンペーン同様、商品やサービス、自社の認知拡大効果が得られます。

また、実際に商品を使っている写真、お店にいる写真などを投稿してもらうことで、より多くの人に魅力が伝わるようになります。昨今はネットでの口コミによって商品の売れ行きが左右されるようになってきました。写真投稿キャンペーンを活用すればリアルな口コミが多く集まり、商品の信頼性も高めることが可能です。

インスタントウィンの仕組み

インスタントウィンはフォローやリツイートをしてもらうとその場でプレゼント企画などに参加でき、抽選結果がわかるキャンペーンです。フォローリツイートキャンペーンと似ていますが、クイズやゲームなどが楽しめて、すぐに結果がわかるのが特徴です。

遊び感覚で参加できるため、ユーザーにとっては他のキャンペーンよりも心理的なハードルが低くなります。

Twitterキャンペーンの重要性

Twitterキャンペーンの重要性

Twitterキャンペーンをおこなう目的は大きく分けて以下の3つです。

  • フォロワー(見込み客)獲得
  • サービス認知度の向上
  • 自社ブランディング

いずれも最終目標は顧客を増やし、売上をアップさせることになります。以上の事柄がどのように売上向上につながるのか見ていきましょう。

フォロワー(見込み客)獲得

前述のとおり、Twitterでツイートしたら、それがフォロワーのタイムライン上に表示されます。フォロワーはその投稿を見た結果、商品やサービス、企業に魅力を感じて購買行動を取る可能性もあります。

そもそも、ユーザーは興味のないアカウントはフォローしません。フォロワーになってくれるということは少なからず興味を持ってくれているということです。フォロワーを獲得すれば、それだけ見込み客が増え、売上につながる可能性が高くなります。

サービス認知度の向上

フォロワーがリツイートやハッシュタグ投稿、画像投稿をおこなうと、そのフォロワーまで情報を拡散することができます。フォロワーが多くなり、リツイートや投稿が増えれば、それだけ情報の拡散力も高まり、商品やサービスの認知度向上にもつながります。

いわばユーザーが自社の商品やサービスを宣伝してくれる状態になるのです。こうした側面があるので、Twitterは非常に効率がいい集客媒体と言えます。

自社ブランディング

Twitterで商品や会社の情報を発信し続けることでブランディングにつながります。商品の魅力、会社の考え方、スタッフの姿などを見せ続けることで、ユーザーの共感を集め、ファンを作ることができます。

ブランディングは一朝一夕で売上にはつながりませんが、ユーザーにとって魅力的な情報、面白いコンテンツを発信していけば、フォロワーが増えて売上につながります。

Twitterキャンペーン事例

Twitterキャンペーン事例

これまでTwitterキャンペーンについて解説してきましたが、果たして実際にどれくらいの効果があるのでしょうか?ここからは以下の4社の事例をご紹介します。

  • 明治
  • アサヒビール
  • モスフードサービス
  • アットホーム

明治

明治のロングヒット商品である「きのこの山」「たけのこの里」。同社では「国民総選挙」というキャンペーンを開催しました。条件は公式アカウント「新きのこ党(@kinoko_meiji)」もしくは「新たけのこ党(@takenoko_meiji)」のどちらかをフォローし、そのアカウントの投稿をリツイートするか、「#きのこたけのこ国民総選挙ノーサイド」「#きのこの山」(新きのこ党をフォローした場合)、「#きのこたけのこ国民総選挙ノーサイド」「#たけのこの里」(新たけのこ党の場合)というハッシュタグをつけた投稿をすること。きのこの山・たけのこの山と、パッケージカバー、オリジナルQUOカード、スクイーズがセットになった賞品が抽選で40名に当たるという内容です。

このキャンペーンには1,000名以上の票が集まりました。ネット上にはきのこの山とたけのこの里のどちらがおいしいかで論争になる「きのこたけのこ戦争」という現象が話題となっていて、それを上手く活用して自社商品のPRにつなげたキャンペーンと言えます。

きのこの山 たけのこの里 2020国民大調査 愛こそニッポンの元気プロジェクト

アサヒビール

アサヒビールでは「新クリアアサヒ写真投稿キャンペーン」を実施。条件は公式アカウントをフォローした上で、「#新クリアアサヒ飲み比べ」というハッシュタグをつけて新クリアアサヒの写真を投稿すること。抽選で100名にクリアアサヒ6本セットが当たるという企画に応募できるというものでした。

賞品であるクリアアサヒの外観はもちろん、グラスに注いだ写真、おつまみといっしょに写った写真など、さまざまな投稿が集まりました。

おいしそうなクリアアサヒの写真が数多く拡散されることで、認知拡大や購買意欲の向上に成功した事例です。クリアアサヒを6本もらえるという特典もお酒好きな人にとっては魅力的で、投稿が成功した要因だと考えられます。

『クリアアサヒ』写真投稿キャンペーン

モスフードサービス

モスバーガーを展開するモスフードサービスでは毎月「#私の好きモスSNS投稿キャンペーン」を開催しています。条件はモスバーガーの中で好きなメニューを「#私の好きモス」というハッシュタグをつけて投稿すること。毎月30名にモス商品が当たります。

キャンペーンの告知ツイートには毎回すぐに500リツイートが集まるほど人気。好きなメニューをハッシュタグ投稿するだけという手軽さが成功した理由だと考えられます。認知拡大や販売促進はもちろん、好きな商品を尋ねることで、ユーザーの動向調査にも役立つデータが収集できたということです。

#私の好きモス Twitter投稿キャンペーン

アットホーム

不動産の情報サイトを運営するアットホームでは2019年に進学や就職、異動で引っ越しが増える1~3月に「新生活応援キャンペーン」を実施しました。Twitterでクイズを出題し、正解するとAmazonギフト券10万円分が抽選で10名、1,000円分が1,000名に当たるという内容です。

その場で参加できるインスタントウィンキャンペーンの手軽さが功を奏し、応募総数は30万人にのぼりました。

アットホーム キャンペーンツイート

Twitterキャンペーンのやり方

Twitterキャンペーンのやり方

Twitterキャンペーンは以下のような流れで実施すれば効果を得ることができます。

  1. キャンペーン実施の目的・目標を決める
  2. プレゼント商品の選定
  3. キャンペーンの種類・目標値の決定
  4. キャンペーンの投稿
  5. 当選者に通知

大切なのは計画を立てること。目的や条件、企画内容をしっかりと定めておかないと、費用や労力が無駄になってしまうことにもなりかねません。
それぞれのポイントについて、以下で詳しく解説していきます。

キャンペーン実施の目的・目標を決める

まずはキャンペーンの目的・目標をしっかりと定めましょう。フォロワー獲得が目的であればフォローリツイートキャンペーン、認知拡大ならハッシュタグキャンペーン、ブランディングや購買促進なら写真投稿キャンペーンというように、目的がはっきりすればキャンペーンの方法や方向性も決まってきます。

プレゼント商品の選定

次にプレゼントを選定しましょう。特典が魅力的であれば、それだけキャンペーンの参加者が増える可能性があります。とはいえ、あまりにも高価なものをプレゼントする、あるいは当選人数を多くしてしまうと費用対効果が薄れてしまいます。

ターゲットをしっかりと決め、そのユーザーがほしいと思えるような賞品を用意しましょう。また、自社商品をプレゼントすればPRになり一石二鳥です。

キャンペーンの種類・目標値の決定

次にキャンペーンの詳細を詰めていきましょう。企画内容、期間や参加条件、当選者の選定基準などを決めます。また、具体的な目標値を設定することも重要です。新規フォロワー数、リツイート数、来店数、売上などを決めておくことで、そのキャンペーンが成功なのか失敗なのかを判断することができ、次回にもつながります。

キャンペーンの投稿

いよいよキャンペーンを告知します。ツイートを見た人が「応募したい」と思えるような魅力的な告知文や画像を使って参加を促しましょう。顔文字や絵文字も効果的です。

とはいえ、あまりにも情報を詰め込みすぎると企画趣意や参加方法、条件などが伝わらず、応募が集まらない可能性も考えられますので、わかりやすさを重視することが大切です。また、Twitterだけでなく自社サイトやその他のSNS、チラシなどでも積極的に告知すると、より参加者を集めることができます。

当選者に通知

キャンペーンが終了したら当選者を選定して連絡し、賞品を渡します。Twitterであればダイレクトメッセージで通知するのがおすすめです。告知の際に当選者への連絡方法についても明記しておきましょう。

Twitterキャンペーン時の注意点

Twitterキャンペーン時の注意点

Twitter社では企業が宣伝のためにキャンペーンを実施することを認めています。しかし、主催者や利用者が以下のルールを守らなかった場合、アカウント凍結やTwitter検索の除外といったペナルティーが課せられる場合があります。

  • 複数アカウントを作成させない
  • 繰り返し同じツイートをさせない
  • @ユーザー名の明記を徹底する
  • ハッシュタグと投稿内容を一致させる
  • Twitterルールに準拠する

それぞれ具体的にどのような行為がペナルティーの対象になるのか?どのような対策をおこなえばいいか?解説していきます。

キャンペーンを投稿する前にはTwitter社のヘルプセンターも参照してください。

複数アカウントを作成させない

キャンペーンに当選するために複数の懸賞用アカウントを作成するユーザーもいます。キャンペーンの主催者は複数アカウントでの応募は当選資格を失うことを明記する必要があります。

繰り返し同じツイートをさせない

Twitterでは検索の品質を維持するため、同じ内容を繰り返し投稿することも禁止しています。同じツイートを繰り返すことを奨励するような条件、たとえば「一番多くツイートした人にプレゼント進呈」といった設定はおこなわないでください。
「1日に複数回応募した人は無効」という条件を設定すれば繰り返しツイートの防止につながります。

@ユーザー名の明記を徹底する

当選者を決めるためにはすべての応募者が確認できなければいけません。リツイートや投稿をしてもらう際には、主催者の「@ユーザー名」を含めてツイートしてもらうようにしましょう。@ユーザー名が含まれていれば「通知」タイムラインで検索することができます。

ハッシュタグと投稿内容を一致させる

特にハッシュタグキャンペーンを実施する際には注意が必要です。ハッシュタグさえ入れれば何を投稿してもいいというわけではありません。たとえば犬の写真に「#猫」とつけるのはあまり適切ではありません。ハッシュタグと関係ないツイートを奨励するとガイドライン違反になる可能性があります。

Twitterルールに準拠する

上記以外にもTwitterにはユーザーの安全や利便性、投稿の品質を確保するために、さまざまなルールが定められています。「Twitterルール」に記載されているので、必ずご確認ください。キャンペーンはもちろん、普段の投稿もこのルールに従う必要があります。

まとめ

Twitterはいまや企業に欠かせない宣伝ツールであり、Twitterキャンペーンを実施することで、大きな集客効果、ひいては売上げアップが期待できます。また、SNSは企業が一方的に情報を発信するだけでなく、ユーザーが宣伝してくれるという拡散効果も期待できます。Twitterには大きなチャンスが眠っていますので、ぜひ活用してみましょう。

ジーピーオンラインに制作の相談をする

関連記事

制作実績

制作実績一覧へ

私たちジーピーオンラインは、
大阪・東京のWeb制作会社です。